正覚山 福成寺

お電話でのお問い合わせ 072-232-2797

メールフォームはこちら

メニュー

最新の行事記録

人形供養・遺品供養等各種ご供養は12月31日まで受付けております。新年は1月5日からの御供養よりご予約承っております。

2020年12月29日

皆様

平素大変お世話になっております。

さて年内ならびに新年の福成寺の予定ですが、年末の人形供養・遺品供養ならびに各種御供養は12月31日まで受け付けており、新年は1月5日からの御供養よりご予約承っております。郵送は随時いつでも承っておりますので、どうぞご利用ください。今年は新型コロナウイルスの影響により、参詣出来なかった方も多くいらっしゃったかと思います。来年は暗いトンネルから抜け、光が差し込む良い一年になりますように心より祈念しております。私共にとって、今年の良かった事といえば、お檀家様の皆様が新型コロナウィルスに感染したという報告を受けなかった事が、何より嬉しいことでした。「止まない雨はない 開けない夜はない 少しずつでも 毎日進め」と七月豪雨災害の際に、境内に掲示しておりました。来年も一歩づつですが、共に前へ進んでまいりましょう。罹患されている皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い回復を祈っております。そして、明後日1月1日午前0時より修正会という法要の生中継も行います。過ぎ去りし一年を省み、新たな一年の始まりを心改め出直していく法要となります。もし、宜しければぜひホームページの動画再生ボタンを押して頂ければと思います。

今年も残り僅かになりました。明日からは寒波がまた大阪に来るとのことですので、体調にはどうぞご留意下さい。来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

DSC_0852

【昨年の修正会の様子】
※2021年修正会への参詣はお断りしておりますので予めご了承ください。2022年修正会でお会いできるのを楽しみにしております。

福成寺

【相談の多い地域】
大阪市 堺市 能勢町 豊能町 池田市 箕面市 豊中市 茨木市 高槻市 島本町 吹田市 摂津市 枚方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四條畷市 大東市 東大阪市 八尾市 柏原市 和泉市 高石市 泉大津市 忠岡町 岸和田市 貝塚市 熊取町 泉佐野市 田尻町 泉南市 阪南市 岬町 松原市 羽曳野市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市

10月31日お十夜法要のため人形供養・遺品供養等各種ご供養はお休みさせて頂きます。

2020年10月31日

10月31日は施餓鬼会法要のため人形供養・遺品供養ならびに各種法要はお休みさせて頂きます。予めご了承ください。またそれ以降の日程に関しましては、随時ご予約承っておりますので、どうぞいつでもご連絡下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。

福成寺一同

------------------------------------------------

【相談の多い地域】
大阪市 堺市 能勢町 豊能町 池田市 箕面市 豊中市 茨木市 高槻市 島本町 吹田市 摂津市 枚方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四條畷市 大東市 東大阪市 八尾市 柏原市 和泉市 高石市 泉大津市 忠岡町 岸和田市 貝塚市 熊取町 泉佐野市 田尻町 泉南市 阪南市 岬町 松原市 羽曳野市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市

お十夜法要は10月31日(土)13:00よりホームページにて生中継致します。

2020年10月26日

朝晩の冷え込みが一層深まり、晩秋を感じさせる季節になって参りました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて今年も十月となり、お十夜法要の季節となりました。
今年は新型コロナウイルスの影響により、施餓鬼法要に続きまして、お十夜法要も生中継での開催と致しました。
一日も早く皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
開催日時に関しましては、下記をご参照ください。

【お十夜法要開催日時】
10月19日(土) 
13:00 お十夜法要お勤め
13:30 ご回向

■一霊二千円

お十夜法要は、浄土宗で最も大切な経典の一つ『 無量寿経(むりょうじゅきょう)』というお経の中に、「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行を行うことよりも尊い」と説かれていることから、その教えを実践した修行です。10日10夜にわたり不断(ふだん)念仏を称えて阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要であり、この法会が初めて営まれたのは、今から550年ほど前、伊勢守平貞国(いせのかみたいらのさだくに)が、京都の天台宗真如堂で修したのがその始まりとされています。その後、1495年に、現在浄土宗の大本山の一つになっている鎌倉光明寺の第九世観誉祐崇上人(かんよゆうそうしょうにん)が、後土御門(ごつちみかど)天皇に招かれ、宮中で、『 阿弥陀経(あみだきょう)』の講義をされ、さらに真如堂の僧と共に引声(いんぜい)念仏を修しました。その後、天皇の許しを得て鎌倉光明寺でお十夜法要を行うようになりました。これが浄土宗のお十夜法要の始まりで、今でも浄土宗の伝統ある大切な法要となっています。お十夜法要は、お念仏の尊さを知り、感謝の気持ちを込めて念仏をおとなえする大切な法会です。この大切な念仏会に参加し、仏の国での千年の善行にも勝る功徳をどうぞお積み下さい。

【YouTubeでの視聴方法】

スライド1

スライド2