正覚山 福成寺

お電話でのお問い合わせ 072-232-2797

メールフォームはこちら

メニュー

最新の行事記録

4月22日(木)10:30より総本山知恩院にて御忌大会唱導師を務めさせて頂きます

2021年4月9日

og_img

うららかな春の日差しが心地よい季節となりました。今年は早い桜の満開を迎え、すでに葉桜も目立つようになって参りました。お寺の近くでは、入学式を迎えるご家族が笑顔で学校へ向かう様子を拝見し嬉しく思いました。昨年は残念ながら見る事が出来なかった光景が、少しずつではありますが戻ってきていることを実感しました。足元では、まだまだ新型コロナウイルスの感染者数が増えている状況です。皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

DSCF1045《土居川公園にて》

さて、今年の1月18日に御忌定式という儀式を経て、4月に執り行われます御忌大会の唱導師を拝命致しました。御忌定式(一般非公開)では、知恩院大方丈の仏間(鶴の間)に浄土五祖像と法然上人月影御影を掲揚し、五祖像前において誦経、伊藤唯眞門主より御忌定が披読され、辞令伝達が行われました。浄土五祖は法然上人が『選択本願念仏集』の中で、その御念仏の信念より選定した祖師です。その五祖は、曇鸞・道綽・善導・懐感・少康を指します。法然上人はひとえに善導大師が説かれたお念仏の教えを受け継がれました。優れたお念仏の祖師の教えを受け継ぎ、今の浄土宗が存在しています。浄土五祖から宗祖法然上人へと脈々と受け継がれた浄土の教えに感謝し、浄土宗の中でも一番大きく重要な御忌大会の唱導師を務めさせて頂く事は大変光栄でもあり身が引き締まる思いでした。

DSC07658《御忌定式 ※昨年の御忌定式です。今年の定式は最少人数で行いました》

そして、御忌大会では、4月22日(木)10:30より始まる日中法要の唱導師を務めさせて頂きます。御忌大会は、宗祖法然上人の忌日法要となります。法然上人は、建暦二年正月二十五日に入滅され、その後の正月二十五日、毎月の二十五日に門弟たちによって真影を拝しての忌日法要が行われてきました。法然上人の忌日法要を「御忌」と呼ぶようになったのは、大永四年(1524)に後柏原天皇が、「大永の御忌鳳詔」という詔勅を下されたことによります。その勅旨には、「毎年正月、京畿の門葉を集め、一七昼夜にわたって法然上人御忌をつとめ、はるかに教えの源をたずねよ」とあります。ここに、御忌は勅会として定められ、1月18日よりご命日の25日まで、法要が営まれることになりました。以来、天皇の忌日法要を指す「御忌」が、法然上人に対しても用いられることになりました。その後、毎年1月に執り行われていた御忌大会ですが、1月は雪深い京都の市内にあって参詣が難しいという多くの法然上人を慕う全国の人々が願いがあり、今の4月に御忌大会が勤められるようになりました。本来であれば、お檀家様皆様と揃って知恩院へと参詣したく準備を進めて参りましたが、残念ながらそれは叶いませんでした。しかし、当日は皆様の無病息災、福徳円満を願い唱導師を勤めさせて頂きます。御忌大会の様子は、知恩院ホームページ内の御忌大会特設ページ(https://www.chion-in.or.jp/special/gyokidaie/)にて生中継されますので、どうぞご覧ください。

bg_live《御忌大会特設ページより画像引用》

彼岸法要は3月21日(日)13時より生中継致します。ご回向のお申し込み受け付けております。

2021年3月15日

寒さ暑さも彼岸までと昔から言われている通り、寒暖差の激しい季節となりました。
皆様お風邪等は引いていませんでしょうか?

さて今年の春季彼岸法要ですが、今年も新型コロナウイルスの影響により、残念ながら皆様にお集まり頂いての法要は中止とし、僧侶のみの彼岸法要とさせて頂きます。彼岸法要の様子は福成寺のホームページのトップページにYouTubeを埋め込みます。再生ボタンをクリックして頂ければ、ご覧頂く事が出来ますのでどうぞご視聴下さい。法要の中で、ご回向も致しますのでお申込み下さい。もしも、ご回向されたい方は、メールやお電話からもお申込み出来ますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

【春季彼岸法要】
■日時 3月21日(日) 13:00より生中継
■御志納料 一霊 二千円 ※初めてお申込みの方は、故人様の俗名ならびに戒名をお伝えください。
■連絡先 (電話番号) 072-232-2797 (メール) fukujyouji.1538@gmail.com 

春のお彼岸は、今年は3月21日の春分の日を中日として前後3日間の合計7日間をいいます。この期間にお彼岸法要や御先祖回向を行うのは、『観無量寿経』というお経の中に、西方に沈む太陽から極楽浄土を思い描く修行法が記されており、浄土宗のお仏壇に向かって右側にいらっしゃる善導大師(ぜんどうだいし)が書かれた『観経疏』の中で、彼岸は太陽が真西に沈むところを極楽浄土と観想して自身の往生と御先祖様の供養、阿弥陀様への感謝をするのに適した期間と記されているからです。極楽浄土が西方にあることは『阿弥陀経』の中で明記され、あの太陽が真西に沈む先に極楽浄土があり、御先祖様もそこにいらっしゃると説かれています。是非お彼岸法要のご回向にご参加頂き、御先祖様を偲び、自分が今あることに感謝して、御先祖様の供養をするとともに、自らも極楽往生できるよう御精進ください。

3月21日(日)は彼岸法要のため人形供養・遺品供養・水子供養等各種ご供養はお休みさせて頂きます。

2021年3月15日

3月21日(日)は彼岸法要のため人形供養・遺品供養・水子供養ならびに各種法要はお休みさせて頂きます。予めご了承ください。またそれ以降の日程のご予約に関しましては、随時承っておりますので、どうぞいつでもご連絡下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。

福成寺一同

【相談の多い地域】
大阪市 堺市 能勢町 豊能町 池田市 箕面市 豊中市 茨木市 高槻市 島本町 吹田市 摂津市 枚方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四條畷市 大東市 東大阪市 八尾市 柏原市 和泉市 高石市 泉大津市 忠岡町 岸和田市 貝塚市 熊取町 泉佐野市 田尻町 泉南市 阪南市 岬町 松原市 羽曳野市 羽曳野市 太子町 河南町 千早赤阪村 富田林市 大阪狭山市 河内長野市